九州地方環境事務所

ここからメニュー ジャンプして本文へ

ここから本文 ジャンプしてメニューへ

報道発表資料

九州地方環境事務所報道発表資料>2008年度

【開催予定】「エコツーリズム推進法」九州ブロック説明会〜“たび”と創る持続的な地域社会を目指して〜の開催について(ご案内)

2009.01.23 九州地方環境事務所

 平成20年4月に「エコツーリズム推進法」が施行されました(平成19年6月に議員立法により制定)。
 エコツーリズムとは、「自然環境や歴史文化を対象とし、それらを体験し学ぶとともに、対象となる地域の自然環境や歴史文化に責任を持つ観光のあり方」ですが、同法には、わが国のエコツーリズムにおける法的な定義や理念、特定自然観光資源の保護措置など総合的な枠組みが定められ、エコツーリズム推進にとって大きな一歩となりました。
 また、同法に基づき政府が定める「エコツーリズム推進基本方針」が平成20年6月6日に閣議決定されました。
 この説明会は 〜“たび”と創る持続的な地域社会を目指して 〜 と題し、環境省より本制度の仕組みをご説明するとともに、実際にエコツーリズムを実践しておられる方からの基調講演やパネルディスカッション等を行うことにより、九州地域のエコツーリズムの推進を期待するものです。
 市町村等の観光・自然保護部局、観光事業者、エコツアーガイドをはじめ、関係者の皆さまにおかれましては、今後のエコツーリズムの推進に役立つことと思いますので、ご多忙のこととは存じますが、ご参加いただきますようご案内申し上げます。

環境省 自然環境局 自然ふれあい推進室
環境省 九州地方環境事務所

1 開催日時

 平成21年2月9日(月)13:00 〜 16:00

2 開催場所

 レンガヒル熊本 大ホール(熊本市本荘5−10−23 裏面の地図参照)

3 参加費

 無料

4 プログラム

13:00〜
開会
13:00〜13:05
主催者挨拶
13:05〜13:25
エコツーリズム推進法の概要説明
環境省自然環境局総務課自然ふれあい推進室
13:25〜13:45
エコツーリズム推進基本方針の概要説明
エコツーリズム推進に関する基本方針検討会事務局
13:45〜14:35
基調講演
「スローな阿蘇づくり・阿蘇カルデラツーリズムの取組」
坂元 英俊 氏((財)阿蘇地域振興デザインセンター事務局長)
14:35〜14:45
休憩
14:45〜16:00
パネルディスカッション
 「エコツーリズムを活用した地域づくり」
コーディネーター:
坂元 英俊 氏
 ((財)阿蘇地域振興デザインセンター事務局長)
パネリスト:
菅 美佐子 氏(森の駅どんぐり経営)
山村 将護 氏(阿蘇自然案内人協会副会長)
岡野 隆宏  (環境省九州地方環境事務所国立公園・保全整備課長)
コメンテーター:
岡本 光之(環境省自然環境局ふれあい推進室長)
16:00
閉会

※都合により講演内容等が変更になる場合もございますので、ご了承ください。

講師・パネリストプロフィール

坂元 英俊 氏

 (財)阿蘇地域振興デザインセンター 事務局長
 熊本県南阿蘇村(旧白水村)生まれ。
 福岡県星野村の(財)星のふるさとの専務理事を経て、平成13年より現職。
 “素顔の阿蘇の発見”をキーワードに、阿蘇地域(1市7町村)の広域連携プロジェクトを推進し、阿蘇カルデラツーリズムと公共交通を一体化した「スローな阿蘇づくり」は、ゆっくり・のんびり過ごす滞在交流型観光のしくみづくりとして展開している。環境省阿蘇草原再生協議会委員、国土交通省地域振興アドバイザー、経済産業省地域中小企業サポーター、熊本県観光審議会委員他を兼任。

菅 美佐子 氏

 森の駅 どんぐり経営
 昭和23年生まれ。看護職を経て、平成16年森の駅どんぐり食事処を開設。平成18年子どもたちの民泊受入を始める。平成19年「お宿かわせみ」民宿の許可取得。現在はランチを中心に民宿を経営している。

山村 将護 氏

 阿蘇自然案内人協会副会長
 昭和25年高森町生まれ。熊本商科大学(現、熊本学園大)卒業後、昭和49年高森町役場入庁。平成15年高森町役場依願退職。
 現在、風と森の会会長、阿蘇地区パークボランティアの会運営委員、環境省自然公園指導員。
 著書に「阿蘇神話街道」。

岡野 隆宏

 九州地方環境事務所国立公園・保全整備課長
 平成9年に環境庁(現環境省)に入庁後、阿蘇くじゅう国立公園、西表国立公園での勤務を経験するとともに、本省において自然公園法の改正、世界自然遺産の管理・推薦などを担当。現地勤務の経験から、「地域あっての環境保全、環境あっての地域づくり」を強く心に刻み、日々の仕事に取り組んでいる。

岡本 光之

 環境省自然環境局総務課自然ふれあい推進室長
 東京都出身。北海道大学農学部林学科卒業後、環境庁に入庁。本省を振り出しに、大山隠岐、中部山岳(立山黒部駐在)、阿蘇くじゅう、大雪山の各国立公園と本省を交互に勤務。福井県に出向し自然保護課長を経験した後、環境省に戻り本省勤務。
 山陰地区自然保護事務所長、長野自然環境事務所長を経て、現職。

★会場のご案内 ★

地図
レンガヒル熊本
熊本駅から熊本市電2系統(健軍町行)
河原町下車徒歩6分
 TEL 096-371-6200
 FAX 096-371-6268
会場には無料駐車場(60台)がございますが満車の場合は、お近くの有料駐車場等をご利用いただきますようお願い申し上げます。

添付資料