九州地方環境事務所

ここからメニュー ジャンプして本文へ

ここから本文 ジャンプしてメニューへ

報道発表資料

九州地方環境事務所報道発表資料>2006年度

【通知】ヤンバルクイナ交通事故防止キャンペーン中におけるヤンバルクイナの交通事故

2006.07.07 那覇自然環境事務所

 那覇自然環境事務所が事務局を務める「やんばる地域ロードキル発生防止に関する連絡会議」*では、ヤンバルクイナの繁殖時期であり、交通事故が多発する4月1日〜6月30日の期間を、『ヤンバルクイナ交通事故防止キャンペーン期間』とし、ドライバーの皆様に注意を呼びかけてきました。

 期間中、輪禍が確認されたヤンバルクイナは8羽となり、昨年同時期の11件に次いで多い数となっています。確認されたうち6羽は発見時にすでに死亡していました。残り2羽は傷病個体として保護されましたが、翌日までに1羽が死亡しました。死亡個体の多くは交通量の多い週末に発見されています。

 キャンペーン期間は終了しましたが、引き続き当該地域での車両の走行には十分配意して頂きます様お願い致します。

輪禍にあったヤンバルクイナの発見状況

4月21日(金) 県道2号(5.14km付近)で死亡個体(ヒナ)を発見(今年に入って3件目の輪禍)
4月29日(土) 伊楚林道(林道終点より1km付近)で死亡個体(ヒナ)を発見(4件目)
5月9日(火) 安田漁港敷地内にて死亡個体(成鳥)発見(5件目)。7日(日)に死亡したと推定される
5月10日(水) 安田にて死亡個体(成鳥)発見(6件目)。7日(日)に死亡したと推定される
5月28日(日) 県道70号線(12.8km付近)でまだ温かい成鳥の死骸発見(7件目)
6月2日(金) 県道2号線(安田集落より約1kmの地点)にて成鳥保護。翌3日に死亡(8件目)
6月4日(日) 国頭村伊部、村道路上にて死骸発見(9件目)
6月22日(木) 国頭村、国道58号線(奥−辺戸間、4.8km付近)路上にて成鳥を保護収容(10件目)。現在治療中(近日中に放鳥予定)。

やんばる地域ロードキル発生防止に関する連絡会議の活動状況

4月2日(日) 道の駅許田にてリーフレットを配布
4月29日(土) 道の駅許田、ゆいゆい国頭周辺にてリーフレット等を配布
(捨て犬・捨て猫防止キャンペーン(薬務衛生課主催)とタイアップ)
5月24日(水) ヤンバルクイナ交通事故現場を調査
5月30日(火) 県道70号線上のヤンバルクイナ交通事故現場に看板4基を設置(設置者:北部土木事務所)
6月8日(木) 国頭村各区および村内小中学校にリーフレット等を配布
6月17日(土) リーフレットの配布。国道58号線(国頭村与那、県道2号分岐)
6月30日(金) 県道2号以北の林道に動物横断の注意喚起用看板15基を設置(設置者:北部林業事務所)

リーフレット配付等の活動には、地元の方々をはじめ、中学生、民間企業、団体等多くの人々ががボランティアでご協力下さいました。なお、やんばる野生生物保護センターでは期間中、県道2号以北の県道および林道を中心にパトロールを実施しました。

添付資料

2006年ロードキル防止重点取組期間中(4月1日〜6月30日)に確認されたヤンバルクイナの交通事故位置図[PDF93KB]
やんばる地域ロードキル発生防止に関する連絡会議 構成機関[PDF12KB]

連絡先

環境省 那覇自然環境事務所
電話:098-858-5824

やんばる野生生物保護センター
担当:やんばる自然保護官事務所 自然保護官 三宅 雄士
電話:0980-50-1025