九州地方環境事務所

ここからメニュー ジャンプして本文へ

ここから本文 ジャンプしてメニューへ

報道発表資料

九州地方環境事務所報道発表資料>2006年度

【開催予定】自然に親しむ「冬鳥観察と巨木巡り」

2007.02.13 九州地方環境事務所

環境省では国立公園において自然とふれあうことを通じ、心身の健康を増進し、自然に対する興味と理解を養うとともに、国立公園の適正で快適な利用の促進、自然保護の普及啓蒙を図っています。

今回は、霧島屋久国立公園内の高原町御池で、冬期に見られるマガモ・ヒドリガモ・キンクロハジロ・トモエガモ、シロハラ・ジョウビタキなどの野鳥観察を行い、また、御池野鳥の森で巨木百選のイチイガシ、碁盤の原木であるカヤ等の自然解説を交え、自然とのふれあいを身近に体験していただきます。

1 主催

九州地方環境事務所

共催
(財)自然公園財団えびの支部
えびの高原ボランティアレンジャーの会

2 実施内容

1)名称:
自然に親しむ「冬鳥観察と巨木巡り」
2)日時:
平成19年2月18日(日) 10時00分〜15時00分
3)場所:
宮崎県高原町御池野鳥の森及び御池湖畔
4)募集人員:
50名程度
5)集合場所:
9時30分までに宮崎県高原町御池湖畔キャンプ場に集合
6)申込方法:
事前に電話により申込み(空きがある場合には当日集合場所で受付可ですが、なるべく事前に申込みを行って下さい。)
(財)自然公園財団えびの支部 電話0984-33-3002
7)参加費用:
1人200円(損害保険料及び入村料等)
8)参加者が準備するもの:
弁当、水筒、雨具、防寒着、筆記用具、メモ張など、歩きやすい服装・靴。双眼境は貸し出しもありますが持参されると便利です。
9)その他:
雨天の場合は中止します。

連絡先

環境省九州地方環境事務所
統括自然保護企画官 坂本真一

えびの自然保護官事務所(担当)満田宗雄
宮崎県えびの市末永1475-5
TEL:0984-33-1108