報道発表資料

2021年09月15日

令和3年度アマミノクロウサギ交通事故防止キャンペーンの実施について

奄美群島国立公園管理事務所では、地域住民、観光客等に対して安全運転を呼びかけ、アマミノクロウサギをはじめとする野生生物の保護に関する普及・啓発を図るためのアマミノクロウサギ交通事故防止キャンペーンを毎年実施しています。 本年は、観光客が増加する夏期から、アマミノクロウサギの活動が活発になり交通事故がより多く発生する秋期にかけて、下記のとおり実施することとなりましたので、アマミノクロウサギ等の交通事故防止にご協力をお願いします。

令和3年度アマミノクロウサギ交通事故防止キャンペーン

期 間:令和3年9月15日(水)から11月15日(月)まで

主 催:環境省沖縄奄美自然環境事務所奄美群島国立公園管理事務所

同        徳之島管理官事務所

共 催:奄美群島希少野生生物保護対策協議会、奄美自然体験活動推進協議会

協 力:(一社)徳之島観光連盟

内 容:特別イベントの開催、関係各所におけるポスター掲示、チラシの配布、

広報誌での発信、空港ロビーにおける特別展示等

☆特別イベント:環境省職員によるチラシの配布等

【実施日時・場所】

※当日の天候や新型コロナウイルス感染症の感染状況などによって場所を変更又は中止する可能性があります。

・9月18日(土)14:00~14:30予定

場所:奄美空港到着ロビー

・9月21日(火)①11:00~、②16:00~、22日(水)③16:00~

場所:①Aコープ伊仙店(伊仙町)、②Aコープ徳之島店(徳之島町)③Aコープ天城店(天城町)

※徳之島では「秋の全国交通安全運動」と共同開催

その他:今年度も各自治体のコミュニティーFM局やケーブルテレビ等の協力のもと、ラジオや防災無線等を使って「人にも動物にもやさしい安全運転」の呼びかけを行います。

【参考】

1.アマミノクロウサギ交通事故死亡件数(奄美大島及び徳之島の合計)

(平成12年1月~令和3年7月末日現在:計394件)

394件中、傷病個体として保護されたのは17件のみ。他は死亡した状態で発見。

※交通事故件数は年ごとの集計を表している。

※令和3年は1~7月までの件数を集計している。

2.月別アマミノクロウサギ交通事故死亡件数(奄美大島及び徳之島の合計)

(平成12年1月~令和2年12月の月別の累計件数)

 これまでのデータから、1年の中で9月から12月にかけて事故が多くなる傾向があることがわかっています。

3.アマミノクロウサギの交通事故多発道路

 地図内の赤線で示した道路では近年交通事故が多発しています。通行注意を促すため、今年は交通事故多発道路を示した地図を載せた啓発リーフレットを作成しました。

4.その他

◇林道ではアマミノクロウサギが急に飛び出してきても、すぐに止まれる速度で運転をお願いします。

◇アマミノクロウサギは林道のみならず、県道・国道上にも出現することがあります。特に徳之島ではこれまでアマミノクロウサギが見られなかった場所での交通事故が増えています。アマミノクロウサギが活動する夜間は特に注意し、ゆとりのある運転をお願いします。

◇アマミノクロウサギの交通事故が多発している地点には、下写真のような警戒標識などが設置されています。これらを見たら、特にご注意ください。

■ 問い合わせ先
環境省 沖縄奄美自然環境事務所奄美群島国立公園管理事務所
所 長  阿部 愼太郎
担 当 奄美群島国立公園管理事務所(電話:0997-55-8620)
国立公園管理官 田口 知宏
徳之島管理官事務所(電話:0997-85-2919)
国立公園管理官 福井 俊介
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
世界自然遺産候補地(リンク)
石西礁湖自然再生(リンク)
国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター
EPO九州(リンク)
やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館(リンク)
奄美野生生物保護センター(リンク)
漫湖水鳥・湿地センター(リンク)
ページ先頭へ