報道発表資料

2021年05月27日

(お知らせ)慶良間諸島国立公園「青のゆくる館」の完成について

環境省は、日本の国立公園を世界水準のナショナルパークにすることを目指す「国立公園満喫プロジェクト」を推進しており、慶良間諸島国立公園は、同プロジェクトの取組を集中的に実施する8公園の一つに選定されています。その取組の一環として、座間味村座間味島に、多様な機能を備えたビジターセンター「青のゆくる館」を整備いたしました。なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、政府による緊急事態宣言中は閉館となります。開館いたしましたら、ぜひともお越しください。

1.完成日時

(1)完成日時

令和3年5月23日(日)

(2)場所

座間味村字座間味集落内 ※座間味港から集落に向かって正面

2.施設の概要

(1)概要

「青のゆくる館」は、座間味港から集落に向かって正面に位置しており、年間約10万人近くの利用者を迎える座間味村の玄関口に整備されたビジターセンターです。外観は赤瓦・花ブロック・琉球石灰岩・シーサーなど、沖縄らしさが随所に見られ、館内では5つのストーリーで慶良間諸島国立公園を紐解いていく展示を楽しめます。お困りごとや相談ごとがあれば、観光案内窓口へ。カフェも併設しており、コーヒーやサーターアンダギーを購入して休憩スペースでゆったりとお過ごしいただけます。

(主な施設機能)

・慶良間諸島国立公園や座間味島のガイダンス

・観光案内カウンター

・VR映像を活用した慶良間の海の透明度が体験できる映像展示

・多種多様な生きものの紹介などの展示

・ルールやマナーの普及啓発

・軽飲食を提供するカフェや休憩スペース

(2)整備年度

平成29年度 基本計画

令和元年度 基本・実施設計

令和2年度 本体工事、展示工事

令和3年度 外構工事、展示工事

(3)施設仕様

敷地面積 645.89㎡

延床面積 493.60㎡

(RC造一部木造 2階建)

3.「青のゆくる館」施設写真

施設外観         

展示

2階休憩スペース


4.添付資料

青のゆくる館紹介冊子210630.pdf

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
世界自然遺産候補地(リンク)
石西礁湖自然再生(リンク)
国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター
EPO九州(リンク)
やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館(リンク)
奄美野生生物保護センター(リンク)
漫湖水鳥・湿地センター(リンク)
ページ先頭へ