報道発表資料

2020年06月08日

(お知らせ)慶良間諸島国立公園「神の浜テラス」のオープンについて

環境省は、日本の国立公園を世界水準のナショナルパークにすることを目指す「国立公園満喫プロジェクト」を推進しており、慶良間諸島国立公園は、同プロジェクトの取組を集中的に実施する8公園の一つに選定されています。 同プロジェクトによる取組の一環として、座間味村座間味島の神の浜園地に、ケラマブルーの海や島々がおりなす美しい景観の中でゆっくりとした時間を過ごすことができる施設として「神の浜テラス」を整備し、6月7日に供用を開始することとなりました。 なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、オープン式典は実施いたしません。本施設は開放的な構造となっていますが、ご利用の際は、「三つの密」を避けるとともに、「マスクの着用」や「人と人との距離の確保」について、ご協力を頂きますようお願いいたします。

1.オープン日時等

(1)オープン日時

令和2年6月7日(日)13:00

(2)場所

座間味村字阿真813

※座間味港より自動車にて約10分、徒歩にて約40分(別添図参照)

2.施設の概要

(1)概要 

「神の浜テラス」は、座間味島の西側に位置する神の浜園地の既存の展望施設が老朽化したため、新たな展望・休憩施設として再整備したものです。ケラマブルーと称される青い海、白い砂浜、緑豊かな島々がおりなす海と陸が一体となった雄大な景観を味わうことができます。施設内には、日陰を確保したカウンターテーブルやベンチを設置しており、ゆっくりと島の時間を過ごすことができます。

(2)整備年度

平成29年度~平成30年度 調査、設計

平成31年度~令和2年度 本体工事

(3)施設仕様

テラス本体 (屋根あり)  A=46.3㎡、

屋外デッキ (屋根無し)  A=28.3㎡

(木造 地上1階 バリアフリー)

主な設備  ベンチ W=0.45m、L=2.2m 9基

      カウンターテーブル(テラス本体)H=0.72m、 L=20.6m

      サポートベンチ(屋外デッキ) 7.3m

3.「神の浜テラス」施設写真

施設全景             テラス内部           カウンター席

施設全景テラス内部カウンター席

添付資料

■ 問い合わせ先
令和2年6月4日(木)
環境省九州地方環境事務所
沖縄奄美自然環境事務所
電話:098-836-6400
所長 東岡 礼治
国立公園保護管理企画官 広野 行男

慶良間自然保護官事務所(お問い合わせ先)
電話:098-987-2662 / FAX:098-987-2663
自然保護官 松本 晃
※施設写真のご使用について、ご希望がある場合は上記までご連絡をお願いいたします。
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
世界自然遺産候補地(リンク)
石西礁湖自然再生(リンク)
国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター
EPO九州(リンク)
やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館(リンク)
奄美野生生物保護センター(リンク)
漫湖水鳥・湿地センター(リンク)
ページ先頭へ