報道発表資料

2019年06月27日

西表石垣国立公園(西表地区)ピナイサーラの滝周辺での携帯トイレの試験実施について

環境省西表自然保護官事務所では、西表石垣国立公園(西表地区)ピナイサーラの滝周辺の自然環境を保全するため、地元カヌー組合と協力して携帯トイレの試験実施を下記のとおり行います。

               

目的

西表石垣国立公園(西表地区)のピナイサーラの滝は県内最大の落差(約55m)を誇り、周辺は亜熱帯照葉樹林や低湿地帯、マングローブ林、干潟などの多様な自然環境が広がっており世界自然遺産の推薦地にもなっています。しかし近年は、カヌーなどの自然体験ツアーにより多くの利用者が訪れることにより、滝周辺での「し尿」による自然環境の悪化が懸念されています。

そこで環境省西表自然保護官事務所とピナイサーラの滝周辺で自然体験ツアーを実施している「西表島カヌー組合」が協力し、自然環境保全のために携帯トイレの試験実施を行います。

実施期間

令和元年7月1日(月)~8月31日(土)

※用意した携帯トイレがなくなり次第、終了となります。またその後に携帯トイレの確保や清掃等の維持管理体制が構築された場合は引き続き実施することもあります。

内容

実施期間中はピナイサーラの滝周辺に「携帯トイレ用ブース」を設置します。西表島カヌー組合が実施する自然体験ツアー参加時にトイレが必要になった方を対象に、携帯トイレを無料で配布し使用してもらいます。

なお、使用した携帯トイレは使用者自身が駐車場付近に設置した回収ボックスまで運搬する必要があります。また今後の携帯トイレ活用の参考にするために、アンケート調査にご協力いただくようお願いいたします。

※携帯トイレはあくまで補助的なものであり、ツアー開始前に公衆トイレ等で用を足すことが重要です。

※台風接近時などは携帯トイレブースの使用ができなくなります。

携帯トイレの使い方&チラシ

西表カヌー組合一覧

お問い合わせ先

環境省西表自然保護官事務所

 自然保護官 竹中康進

〒907-1432 沖縄県八重山郡竹富町字古見

TEL 0980-84-7130 / FAX 0980-85-5582

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
世界自然遺産候補地(リンク)
石西礁湖自然再生(リンク)
国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター
EPO九州(リンク)
やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館(リンク)
奄美野生生物保護センター(リンク)
漫湖水鳥・湿地センター(リンク)
ページ先頭へ