報道発表資料

2018年03月28日

「奄美大島における生態系保全のためのノネコ管理計画」の策定について

奄美大島には,アマミノクロウサギやアマミヤマシギをはじめ,多くの固有種や絶滅危惧種を含む貴重な在来生物が生息・生育していますが,近年,ノネコの山中での繁殖や在来生物の捕殺が確認されており,ノネコによる生態系への影響を防ぐための早急な対策が必要となっています。

この度,奄美大島の生態系保全を目的に,環境省,鹿児島県,奄美大島5市町村が共同で,地元住民からの意見も踏まえ「奄美大島における生態系保全のためのノネコ管理計画」を策定しました。

奄美大島における生態系保全のためのノネコ管理計画

意見募集の結果概要

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
石西礁湖自然再生(リンク)
EPO九州(リンク)
やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館(リンク)
奄美野生生物保護センター(リンク)
漫湖水鳥・湿地センター(リンク)
ページ先頭へ