報道発表資料

2018年02月26日

やんばる地域におけるマングース防除事業のための作業道への立ち入りについて(注意喚起)

 やんばる地域(国頭村・東村・大宜味村)内の登山道において、道迷いや遭難が相次いでいます。
 環境省では、特定外来生物マングース防除の作業道に、登山者が誤って入り込むことがないよう、道迷いが多い山域を中心として、マングース防除の作業道の入り口の一部に注意喚起の標識を設置しています。マングース防除の作業道は、登山者が歩くための歩道ではありませんので、立ち入らないようご注意願います。
 また、これらの標識設置点以外にも、やんばる地域の林内全体に網の目のように、マングース駆除のための作業道が通っています。その入り口や作業道上には作業員の目印とするために赤いテープを付けていますが、これは登山道の方向を示すものではありません。
 マングース防除の作業道は、急傾斜の危険な道や入り組んだ道が多く、入り込むと道迷い等を起こす危険がありますので、入り口に注意喚起のある道や赤いテープがある道をたどって林内に入ることがないよう、ご注意下さい。
 なお、登山等、森林内に入られる際には、ガイドの方を同伴されますようお願いいたします。

看板記載内容               看板設置例

問合せ先:環境省 やんばる自然保護官事務所(やんばる野生生物保護センター内)

 国頭村字比地263-1
 ℡ 0980-50-1025(担当 池田・中田)

  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
世界自然遺産候補地(リンク)
石西礁湖自然再生(リンク)
EPO九州(リンク)
やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館(リンク)
奄美野生生物保護センター(リンク)
漫湖水鳥・湿地センター(リンク)
ページ先頭へ