報道発表資料

2018年10月17日

第24回 石西礁湖自然再生協議会の開催について

 第24回石西礁湖自然再生協議会を10月27日(土)、八重山合同庁舎において開催しますのでお知らせします。
 本協議会は、石垣島と西表島の間に広がる我が国で最大規模のサンゴ礁である「石西礁湖」の自然再生を広範な関係者の参画の下に取り組んでいくため、平成18年2月に自然再生推進法に基づき設置されたものです。
 平成19年に「石西礁湖自然再生協議会全体構想」が策定されて10年が経過したことから、昨年度においては、これまでに実施してきた取組の検証、評価を行いました。今年度は、今後5年間に重点的に実施する活動について「行動計画」として取りまとめることとしており、今回の協議会においては、その方針を決める議論等を行うこととしています。

1.日  時

平成30年10月27日(土) 13:30~16:30

2.場  所

沖縄県八重山合同庁舎 2階 大会議室 (石垣市真栄里438-1)

3.事 務 局

環境省 九州地方環境事務所 那覇自然環境事務所

内閣府 沖縄総合事務局 開発建設部 港湾空港技術対策官

4.傍聴、取材について

傍聴をご希望の方は、下記連絡先で事前登録を受け付けます。登録受付の締切は10月25日(木)17時までとさせていただきます。なお、会場の都合上申込者数が多い場合は先着順とさせていただきます。

また、取材についても、同様に登録をお願いします。

【連絡先】一般財団法人沖縄県環境科学センター(担当:宮城)

【所在地】〒901-2111 沖縄県浦添市経塚720

【電 話】098-875-5208 【FAX】098-875-1943

【E-mail】h.miyagi@okikanka.or.jp

<参 考> 石西礁湖自然再生協議会について

1.経緯

本協議会は、平成15年に施行された自然再生推進法に基づき、環境省九州地方環境事務所那覇自然環境事務所、内閣府沖縄総合事務局開発建設部港湾空港技術対策官(旧;開発建設部港湾計画課)、沖縄県環境部自然保護課の呼びかけにより、平成18年2月に設置されました。

平成19年9月に石西礁湖自然再生全体構想が完成し、全体構想に基づき、各実施者が自然再生に向けた取組を進めているところです。

2.石西礁湖自然再生の目標

 ・長期目標(達成期間30年)

「人と自然との健全な関わりを実現し、1972年の国立公園指定湯治の豊かなサンゴ 礁の姿を取り戻す。」

 ・短期目標(達成期間10年)

「サンゴ礁生態系の回復のきざしが見られるようにする。そのために環境負荷を積極的に軽減する。」

3.主な役割

この協議会では、石西礁湖自然再生に向けた取組を推進するため、以下のことを行います。

[1] 石西礁湖自然再生全体構想の作成

[2] 石西礁湖自然再生事業の実施者による実施計画の案の協議

[3] 石西礁湖自然再生事業の実施に係る連絡調整

4.協議会の構成

平成30年10月現在、個人、団体・法人、地方公共団体、国の機関の116の個人・団体等から構成されています。

お問い合わせ先:

■環境省那覇自然環境事務所

石垣自然保護官事務所(担当:塚本)

【所在地】〒907-0011 沖縄県石垣市八島町2-27

【TEL】0980-82-4768 【FAX】0980-82-0279

  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
世界自然遺産候補地(リンク)
石西礁湖自然再生(リンク)
EPO九州(リンク)
やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館(リンク)
奄美野生生物保護センター(リンク)
漫湖水鳥・湿地センター(リンク)
ページ先頭へ