報道発表資料

2017年01月10日

西表石垣国立公園 石西礁湖のサンゴ白化現象の調査結果について(お知らせ)

 環境省那覇自然環境事務所では、11月から12月にかけて西表石垣国立公園の石西礁湖海域(石垣島と西表島の間)において本年度3回目のサンゴの白化現象についての調査を実施しました。今回お知らせする調査結果は本年度の最終調査結果であり、平均白化率(※)が91.4%であることを確認しました。
 9月から10月にかけて行った本年度2回目の調査結果(平成28年11月9日付け報道発表)と今回の調査結果を比較すると、全体が死亡した群体の割合は、56.7%から70.1%に増加したことが確認されました。また、白化していない群体については、3.0%から8.6%に増加したことが確認されました。
※全サンゴ被度のうち、少しでも白化のみられる群体が占める割合

1 調査内容

 (1) 調査地点

 石西礁湖内35地点  (図1参照)

 (2) 調査期間 

 1回目:平成28年7月26日(火)から8月17日(水)まで

 2回目:平成28年9月29日(木)から10月4日(火)まで

 3回目:平成28年11月28日(月)から12月21日(水)まで (表1参照)

 (3) 調査方法

 各調査地点の白化現象の状況をスポットチェック法(15分間遊泳観察法)により調査した。(1回目、2回目の調査方法と同様の調査方法)

2 調査結果

 ・1~3回目の調査結果を図2及び図3(1)~(3)に示す。

 ・調査地点35地点における平均白化率は91.4%(1回目:89.6%、2回目:97.0%)。

  ※白化率=全サンゴ被度のうち、少しでも白化現象がみられる群体が占める割合

 ・91.4%の内訳

  「一部白化・一部死亡・全体的に色が薄い群体」の割合:18.4%

  (1回目:60.0%、2回目:17.2%)

  「全体が完全に白化している群体」の割合:2.9%(1回目:24.2%、2回目:23.1%)

  「全体が死亡した群体」の割合:70.1%(1回目:5.4%、2回目:56.7%)

3 今後の予測及び対応

 ・今後、残りの「全体が完全に白化している群体(2.9%)」の多くが「全体が死亡した群体」に移行することが予想される。

 ・2月に開催予定の石西礁湖自然再生協議会において、過年度の調査結果との比較も併せて、調査結果を報告予定である。

環境省 

九州地方環境事務所

那覇自然環境事務所

所長 西村 学

担当 石垣自然保護官事務所

   伊藤 珠実

TEL 0980-82-4768 

添付資料

  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
石西礁湖自然再生(リンク)
EPO九州(リンク)
やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館(リンク)
奄美野生生物保護センター(リンク)
漫湖水鳥・湿地センター(リンク)
ページ先頭へ