報道発表資料

2015年03月25日

カンムリワシの交通事故について(お知らせ)

平成27年3月12日に石垣市崎枝で発見されたカンムリワシ死亡個体(若鳥)の死亡原因が交通事故によるものと確認されました。石垣島で今年2件目の交通事故発生となります。これから交通事故の発生が多い春季に向け、さらなる注意喚起をお願いします。

1.発見概要

  1. ① 発見日時: 平成27年3月12日(木) 16時頃
  2. ② 発見場所:石垣市崎枝 崎枝集落手前の道路
  3. ③ 個体の状況:全長47㎝、雌、若鳥

2.発見時の状況 

3月12日16時頃、石垣市崎枝の市街地から向かって崎枝集落手前の道路で死亡したカンムリワシが通行者により発見されました。発見者から石垣市文化財課へ連絡が入り、石垣自然保護官事務所経由で、たまよせ動物病院に搬送しました。獣医師による診断の結果、口と鼻から出血があり、強い衝撃を受けた痕跡が見つかり、交通事故死と判断されました。

この個体は左脚にSと書かれた緑のカラーリングを装着しており、過去の記録から、平成25年12月17日に崎枝にて交通事故が原因で保護され(当時幼鳥)、崎枝小学校で放鳥(愛称:崎チャン)、その後さらに平成26年10月4日にも名蔵フーネバス停前で交通事故が原因で保護され、治療とリハビリ後、名蔵の石垣観光パイン園にて放鳥した若鳥であることが分かりました。3度に及ぶ交通事故の末に死亡した状態で見つかるという結果となりました。

  

3.今年の交通事故発生状況

石垣島における平成27年のカンムリワシの交通事故は、本件が2件目の発生となります。

 平成26年は石垣島で9件、西表島で4件、合計13件の交通事故が発生しました。石垣島では平成22年の14件が過去最多で、その後、ほぼ同数で推移しています。

         

 

過去5年間のカンムリワシの交通事故発生件数

         

石垣島

西表島

合計

平成22(2010)

14

2

16

平成23(2011)

9

5

14

平成24(2012)

7

6

13

平成25(2013)

9

7

16

平成26(2014)

9

4

13

平成27(2015)

2

0

2

4.カンムリワシの交通事故防止への対応とお願い

   3月17日(火)に、国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターにて、カンムリワシの調査、救護及び保護に関わる「カンムリワシ保護対策連絡会議」を関係機関・団体及び関係者(23名)の出席により行いました。その中で交通事故対策について、1)これまでの記録を整理し交通事故多発区間を選定し、標識設置等による注意喚起区間を増設する。2)冬期(12月~4月)は繁殖期で活動が活発になることに加え公共工事事業やサトウキビの収穫による大型車両トラックの交通量が増加し事故件数も増加することから、ラジオ、テレビ、新聞などのマスコミへの協力要請や大型トラックやバスなどを所有する運輸業者等への普及啓発活動を強化する等の提案がありました。

今後、連絡会議でのこれら提案をもとに、より効果的な交通事故防止対策を関係機関・団体との連携により推進します。

これから4月にかけてカンムリワシは繁殖期であり、道路沿いでの出現頻度も増加することから、交通事故の発生がさらに増加するおそれがあります。走行時には事故を避けることができるよう、十分スピードを落として安全運転を心がけていただきますようお願いします

カンムリワシの傷病個体や死体を発見した際は、下記連絡先に連絡してください。

また、万が一交通事故を起こしてしまった場合でも、故意でない限りは罪に問われることはありませんので、どうぞご一報お願いいたします。事故当事者による通報が迅速な回収・救護を可能にし、命を救える可能性が高まります。

皆様方からの連絡が、その後の対策を講じる上でも極めて重要となりますので、是非ご協力下さいますようお願い致します。

【傷病及び死亡個体発見時の連絡先】

石垣島

TEL:0980-84-4768(石垣自然保護官事務所)

TEL:0980-83-7269(石垣市教育委員会文化財課)

           西表島

           TEL : 0980-85-5581(西表野生生物保護センター)

  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
世界自然遺産候補地(リンク)
石西礁湖自然再生(リンク)
EPO九州(リンク)
やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館(リンク)
奄美野生生物保護センター(リンク)
漫湖水鳥・湿地センター(リンク)
ページ先頭へ