報道発表資料

2015年12月15日

イリオモテヤマネコの交通事故発生について(お知らせ)

 12月14日19時10分頃、西表島クーラ、西ゲーダ付近の県道上でイリオモテヤマネコの交通事故による死亡が確認されました。死亡したのはメスの幼獣で、今年に入って3件目の交通事故発生となりました。ヤマネコの無事故記録は264日で途切れました。  西表島で車を運転する際には、法定速度を守ってスピードを控えるとともに、野生動物の飛び出しに十分注意して下さい。特に今の季節は活動的で経験の浅い若いヤマネコが道路に出てきやすい時期です。ヤマネコの目撃が多発している区間には移動式看板を設置していますので、付近では十分にご配慮お願いします。

1.事故の概要

 ①発見日時:平成27年12月14日(月) 午後19時10分頃

 ②場所:西表島クーラ、西ゲーダ付近の県道路上(別紙1.位置図参照)

 ③個体の状況:体重1,380g、体長437mm、雌 幼獣

2.発見時の状況

 12月14日(月)午後19時10分頃、西表島クーラ、西ゲーダ間の県道路上で死亡したイリオモテヤマネコを発見した通行者から西表野生生物保護センターに連絡が入り、通行者によりセンターに搬送されました。死体は道路中央に横たわっており、死体発見時の状況や骨折等の損傷状況から交通事故死と判断しました。

 死体はセンターにて、計測、一次検査等を行った後、専門家による詳しい死因究明のための病理検査、寄生虫検査等を実施するため、鹿児島大学農学部獣医学科に搬送する予定です。

3.イリオモテヤマネコの交通事故の発生状況

・ イリオモテヤマネコの交通事故は記録が残っている1978年以降、69件目(うち66件で死亡確認)。

・ 最近のイリオモテヤマネコ交通事故件数。

2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
交通事故件数 5件 2件 2件 6件 4件 3件


                                    ※2013年は過去最多件数。

4.傷病及び死亡個体発見時の連絡

 今年に入って3件目のイリオモテヤマネコの交通事故が発生しました。ヤマネコの無事故記録は264日で途切れました。現場付近では今年12月3日にも職員が事故現場付近で仔ネコを目撃しており、注意看板の設置及び草刈りを実施していたところでした。 

 今回のように、ヤマネコの目撃が多発していたり、仔ネコの目撃情報があった場所など、集中的に注意喚起を行っているにもかかわらず事故が発生しています。特に仔ネコは経験が浅く、交通事故にあう危険性が高いです。みなさまに現状を知っていただくとともに西表島を車で走行する際にはヤマネコが飛び出す可能性があることを十分に認識してもらうよう、竹富町、沖縄県などの関係機関とともにさらなる取り組みの強化を進めることといたします。特にこれからの冬の時期は、活動的で経験の浅い若いヤマネコが事故に遭いやすくなる時期ですので、夜間の運転には十分な注意をお願いします。

 イリオモテヤマネコを目撃した、衝突してしまった、死体を発見した、などの場合は、365日24時間いつでも対応できる体制を取っていますので、西表野生生物保護センター(Tel:0980-85-5581)に至急の通報をお願いします。万が一、交通事故の当事者となってしまっても、故意でない限り罪に問われることはありませんので、より迅速な救護と今後の対策に役立てるためにも情報をお寄せ下さいますようお願いします。

また、西表島での車両の走行時には、特に夜間は十分周囲に注意して急な飛び出しがあっても安全に事故を避けることができるくらいまでスピードを落として運転していただきますようお願いします。


【傷病及び死亡個体発見時の連絡先】

Tel:0980-85-5581(環境省西表野生生物保護センター)24時間連絡可

沖縄県政記者クラブ

八重山記者クラブ

同時発表

環境省那覇自然環境事務所

所長 西村 学

担当:西表自然保護官事務所

   自然保護官 相原 百合

電話:0980-84-7130

(西表野生生物保護センター)

添付資料

  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
世界自然遺産候補地(リンク)
石西礁湖自然再生(リンク)
EPO九州(リンク)
やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館(リンク)
奄美野生生物保護センター(リンク)
漫湖水鳥・湿地センター(リンク)
ページ先頭へ