報道発表資料

2015年04月22日

ラムサール条約湿地「慶良間諸島海域」の拡張について

 本年6月1日~9日にプンタ・デル・エステ(ウルグアイ)で開催されるラムサール条約第12回締約国会議にあわせて、沖縄県内ではラムサール条約湿地「慶良間諸島海域」が拡張される湿地の候補地となったので、お知らせいたします。

1.概要

ラムサール条約は、水鳥の生息地等として国際的に重要な湿地及びそこに生息・生育する動植物の保全と適正な利用(ワイズユース)を促進することを目的としています。

 環境省では、4月22日に開催された中央環境審議会野生生物小委員会において、ラムサール条約第12回締約国会議にあわせて、我が国から新規に4つの湿地をラムサール条約に登録するとともに、1つの湿地の登録区域を拡張することについて、報告しました。

今後、5月末までにこれら湿地の登録等がなされる見込みです。

2.登録区域拡張候補地(1カ所)

・慶良間諸島海域(沖縄県) 8,290 ha (7,937 ha 増)

詳細は別添 本省報道発表資料参照

添付資料

  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
石西礁湖自然再生(リンク)
EPO九州(リンク)
やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館(リンク)
奄美野生生物保護センター(リンク)
漫湖水鳥・湿地センター(リンク)
ページ先頭へ