報道発表資料

2013年08月28日

報道発表:イリオモテヤマネコの交通事故発生について(お知らせ)

那覇自然環境事務所

 8月24日20時40分に西表島野原崎西の県道でイリオモテヤマネコの交通事故による死亡が確認されました。仔ネコでした。
 ヤマネコの交通事故死発生件数は今年4件目となり、昨年の2件の2倍となりました。7月13日から8月31日まで開催している「イリオモテヤマネコ夏の交通事故防止キャンペーン」の最中での事故となってしまいました。西表島で車を運転する際には、法定速度を守ってスピードを控えるとともに、野生動物の飛び出しに十分注意して下さい。特にヤマネコの目撃が多発している区間ではご配慮おねがいします。

1.事故の概要

①事故発見日時:
平成25年8月24日(土) 午後8時40分
②発生場所:
西表島野原崎西の県道路上
死体発見現場位置図
③死亡個体の状況
体重1780g、体長 480mm、メス 幼獣
事故個体写真
事故個体写真

2.事故発生時の状況

 8月24日午後8時40分、西表島野原崎西の県道路上で死亡したイリオモテヤマネコの幼獣を自動車運転者が発見しました。発見時は上原向け車線の中央に横たわっていました。死体の状況、顔面の傷や骨折などから交通事故死と判断しました。
 センターにて、計測、一次検査等を行った後、専門家による死因究明のための病理検査、寄生虫検査等を実施するため、鹿児島大学農学部獣医学科に搬送する予定です。

3.イリオモテヤマネコの交通事故の発生状況

  • イリオモテヤマネコの交通事故は記録が残っている1978年以降、61件目(うち59件が死亡)
  • 最近のイリオモテヤマネコ交通事故記録。アンダーラインは仔ネコの死亡
    2008. 1.26 オス 成獣(定住)
    2008. 3.11 オス 成獣(定住)
    2008. 5. 1 メス 成獣(定住)
    2009. 7. 22 オス 幼獣
    2010. 1. 3 オス 幼獣
    2010. 2. 14 オス 亜成獣
    2010.4. 13 メス 亜成獣
    (2010.5.12 性別不明 事故目撃)※交通事故発生のカウントには入れていない。
    2010.7.12 オス 成獣(放浪)
    2010. 9. 9 メス 幼獣
    2011.6.22  メス 成獣(定住・授乳中)
    2011.8.7-8 性別不明 幼獣
    2012.4.3   オス 成獣
    2012.10.25 オス 幼獣
    2013.5.14  メス 亜成獣
    2013.5.18  オス 成獣
    2013.6.6   不明 幼獣(保護を試みたが逃亡)
    2013.6.26  オス 幼獣

平成25年・事故確認地点

リオモテヤマネコの交通事故の発生箇所MAP

4.傷病及び死亡個体発見時の連絡

 平成25年に入り5月、6月及び今回の8月の5件の交通事故で4個体が死亡しています。これまで過去最多であった平成22年の死亡事故発生件数(5件)と並ぶペースです。今年は仔ネコの事故が多発しています。夏の時期は仔ネコが道路に出没するとともに、母ネコも子育てのために注意力が散漫になり、事故に遭いやすくなる時期ですので、夜間の運転には十分な注意をお願いします。最近、特に地図上(別紙2)に示す区間において路上での幼獣の目撃情報が増加していますので、この区間を運転する際には特に注意をお願いします。
 イリオモテヤマネコを目撃した、衝突してしまった、死体を発見した、などの場合は、365日24時間いつでも対応できる体制を取っていますので、西表野生生物保護センター(Tel:0980-85-5581)に至急の通報をお願いします。万が一、交通事故の当事者となってしまっても、故意でない限り罪に問われることはありませんので、情報をお寄せ下さいますようお願い致します。頂いた情報から交通事故の場所や時間、死傷個体の状態、道路周辺状況等の情報を分析し、対策に役立てています。
 また、西表島での車両の走行時には、特に夜間は十分周囲に注意して急な飛び出しがあっても安全に事故を避けることができるくらいまでスピードを落として運転していただきますようお願いします。

【傷病及び死亡個体発見時の連絡先】

Tel:0980-85-5581(環境省西表野生生物保護センター)
24時間連絡可

 
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
石西礁湖自然再生(リンク)
EPO九州(リンク)
やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館(リンク)
奄美野生生物保護センター(リンク)
漫湖水鳥・湿地センター(リンク)
ページ先頭へ