報道発表資料

2012年02月16日

報道発表:平成23年度やんばる地域の亜熱帯照葉樹林における林道パトロール試行調査業務の実施について(お知らせ)

那覇自然環境事務所

 環境省那覇自然環境事務所では、やんばるにおいて地域住民が組織する協議会の協力のもと、密猟 ・ 盗掘等の防止や、希少野生生物及び外来種等の情報収集等を行う目的で、本年1月から「林道パトロール」を試行的に実施しております。
 2月18日(土)19時~に取材対応日を設けますのでお知らせします。

1.実施の目的

 豊かな自然資源を有するやんばるの森林は、その貴重な自然環境ゆえにさまざまな問題と課題を抱えています。その中で希少な野生動植物が密猟 ・ 盗掘 ・ 過剰採取等されている実態があり、これらは重要な地域資源の流出としても見過ごすことができない問題です。このような問題を防ぐためには、現地の状況を熟知している地域住民や林業関係者の方々等の協力が不可欠です。
 また、林道における希少野生動植物の出現状況や、在来種をおびやかす外来種等(ノネコ、ノイヌ等)の確認情報の収集 ・ 蓄積は、今後の重要な情報源となり得ます。
 さらに、林道を定期的に巡回することは、林道における様々な情報収集にもつながるものと考えられます。
 那覇自然環境事務所では、このように[1] 密猟 ・ 盗掘等の防止、[2] 希少野生生物の情報収集、[3] 外来種等の情報収集、[4] 林道におけるその他の情報収集、等に資する「林道パトロール」の手法等を検討するため、地域住民が組織するやんばる国頭の森を守り活かす連絡協議会(CCY)の協力のもと、やんばる北部地域の林道において試行調査を平成24年1月下旬から実施しています。

2.林道パトロールの実施方法

林道パトロールは、事前に決めた林道ルートを車で2~3時間程度走行して行います。

(1)林道で、車両や人に遭遇した場合は状況等を記録します。
・ 必要に応じて声をかけ、林道に入る目的などを聞き取り
・ チラシ配布(別添)により、密猟・盗掘等の防止の普及啓発
(2)林道パトロール中に目撃した下記情報等を記録します。
・ 希少野生生物等の情報(ヤンバルクイナ、ケナガネズミ、希少なカエル類等)
・ 外来種等(ノネコ、ノイヌ、マングース等)の情報
・ その他の情報(不法投棄の現場、倒木等)

3.取材について

以下の日時において、林道パトロールの取材対応日を設けます。

(日 時) 
平成24年2月18日(土)19 : 00~(林道パトロールは2~3時間程度)
(集合場所) 
国頭村商工会2階会議室
住所 : 国頭村字辺土名264-1

取材を希望する報道機関の方は、2月17日(金)17時までに、下記あてFAXまたは電話にてお申し込み下さい。

○ 記載事項
・ 「林道パトロール試行調査業務の取材」と明記
・ 氏名、所属、連絡先
 取材は、パトロール出発前の19 : 00~19 : 30を想定していますが、林道パトロールに随行を希望の方は、「随行希望」と明記して下さい。
※ 当日は自社の腕章を付け、取材 ・ 撮影等の方法については、担当者の指示に従って下さい。
(連絡先)
環境省那覇自然環境事務所 国立公園 ・ 保全整備課 山脇一浩
電話 : 098-858-5824
FAX : 098-858-5825

別添資料

「林道パトロール実施中!!」チラシ [PDF 591KB]

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
世界自然遺産候補地(リンク)
石西礁湖自然再生(リンク)
EPO九州(リンク)
やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館(リンク)
奄美野生生物保護センター(リンク)
漫湖水鳥・湿地センター(リンク)
ページ先頭へ