報道発表資料

2011年07月22日

奄美大島におけるジャワマングース防除事業平成22年度事業の実施結果等について(内容の訂正)

那覇自然環境事務所

 環境省那覇自然環境事務所では、標記について平成23年6月8日(水)にお知らせしたところですが、暫定値としていた捕獲努力量が確定しましたのでお知らせします。また、捕獲個体数に誤りがありましたので、以下のとおり訂正するとともにお詫びいたします。

(1)平成22年度防除事業

 捕獲努力量・捕獲個体数の確定・訂正

[1]捕獲努力量(わな日:のべわな日数=わなの数×日数)

平成22年度:
2,101,116わな日(確定値)←2,100,802わな日(暫定値)
平成21年度:
2,173,790わな日
平成20年度:
1,899,238わな日
平成19年度:
1,379,410わな日
平成18年度:
1,051,026わな日
平成17年度:
630,822わな日

[2]捕獲個体数

平成22年度:
311頭(確定値)←305頭(前回発表値)
平成21年度:
598頭
平成20年度:
947頭
平成19年度:
783頭
平成18年度:
2,713頭
平成17年度:
2,591頭

 今回の捕獲個体数の誤りは、データ集計に係る変換の際に生じたものでした。今後同様の誤りがないよう細心の注意を払っていきます。

(2)捕獲努力量・捕獲個体数等(確定・訂正後の数値等)

表1.捕獲努力量・捕獲個体数・捕獲効率
 
*1 わな日: のべわな日数=わなの数×わな有効日数
*2 捕獲効率:1,000わな日あたりのマングース捕獲数
表2.平成22年度 月別のマングース捕獲状況
 
オス、メス、幼獣以外については性別等が不明な個体となる
表3.平成22年度 地域別のマングース捕獲状況
 
オス、メス、幼獣以外については性別等が不明な個体となる
 
図1.平成22年度 奄美大島におけるマングースのわな設置地点と捕獲地点
 
図2.奄美大島におけるマングースの捕獲頭数及び捕獲努力の経年変化

  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
石西礁湖自然再生(リンク)
EPO九州(リンク)
やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館(リンク)
奄美野生生物保護センター(リンク)
漫湖水鳥・湿地センター(リンク)
ページ先頭へ