緊急情報

2018年02月23日

【お知らせ】油漂着物等に関する環境省の現地対応状況について

■ 環境省による現地対応状況

1.職員による巡視、漂着した油状の物の回収

環境省では現在、以下の通り職員による巡視や回収を行うとともに、その他の地域・海岸についても関係機関等と連携しながら随時情報収集に努めています。

✧ 奄美大島 巡視状況等 写真(2月) 写真(3月)  写真(4月)

奄美市笠利地区の用海岸、大瀬海岸、奄美市名瀬地区の大浜海岸・小浜、知名瀬、大和村のヒエン浜、大棚の計6地点(地図参照)を重点監視ポイントとして、巡視等を実施しています。鹿児島県による回収マニュアル策定を受け、2月8日から回収作業も実施しています。

✧ 徳之島  巡視状況等 写真

徳之島町の金見崎、畦海岸、天城町の犬の門蓋、千間海岸の計4地点を重点監視ポイント(地図参照)として、巡視等を実施しています。鹿児島県による回収マニュアル策定を受け、2月9日から回収作業も実施しています。

✧ 沖縄島北部・慶良間諸島においても巡視等を実施しています。

2.奄美群島国立公園海域公園地区における油漂着による影響把握調査事業

○ 奄美群島国立公園海域地区における油状の物の漂着の影響把握に関する緊急調査の結果(速報)

○ 平成29年度奄美群島国立公園海域公園地区等における油漂着による影響把握等業務結果概要

■関連リンク

環境省(本省)「奄美大島等における油漂着事案への環境省の対応状況について」

海上保安庁「奄美大島等における油状物質関連情報」

鹿児島県「奄美大島周辺地域の油状漂着物に関する情報」

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
石西礁湖自然再生(リンク)
EPO九州(リンク)
やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館(リンク)
奄美野生生物保護センター(リンク)
漫湖水鳥・湿地センター(リンク)
ページ先頭へ