緊急情報

2019年01月18日

霧島山の登山道に係る規制について

 平成31年118日(金)午前11時に、新燃岳の噴火警戒レベルがレベル2(火口周辺規制)からレベル1(活火山であることに留意)に引き下げられたことにより、霧島市が、同日午前11時、災害対策基本法第63条に基づき、新燃岳の火口内及び西側斜面並びに火口北西側溶岩流下部の範囲に警戒区域を設定しました(それまでは火口から2kmが立入規制区域)。

 環境省が管理する登山道(韓国岳~獅子戸岳間、新湯温泉から獅子戸岳・新燃岳に向かう新湯温泉コース)については、登山道脇の木の繁茂等により一部道迷いが発生しうる箇所があることなどから、引き続き利用を禁止します。韓国岳~獅子戸岳間の歩道については、枝払い等の作業を進め、利用上の安全が確認され次第、規制の解除についてお知らせします。

 なお、最新の登山道規制や道路規制の状況については、鹿児島県や宮崎県など関係機関の発表(下記リンク先)をご確認下さい。

登山に当たっては、通行が禁止されている登山道へは立ち入らないでください。また、サイレン吹鳴時や地鳴り、噴火等で危険を感じた時はただちに下山してください。

<登山道規制・道路規制について>

○霧島山の火山活動に関する情報提供 <宮崎県HP>

https://www.pref.miyazaki.lg.jp/kiki-kikikanri/kurashi/bosai/kirisima.html

○霧島山の登山道について <鹿児島県HP>

https://www.pref.kagoshima.jp/af08/kirishimatozandou.html

○新燃岳の噴火に関する情報 <霧島市HP>

http://www.city-kirishima.jp/anshin/iouyama/20171011shinmoedake.html

<新燃岳の活動状況について>

○霧島山(新燃岳)の噴火警戒レベルを1へ引下げ(平成31年1181100分発表) <気象庁HP

http://www.jma.go.jp/jma/press/1901/18a/shinmoedake190118.html

○霧島山(新燃岳)の活動状況 <気象庁HP>

http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/551.html

  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
地球温暖化に関する九州カンファレンス(リンク)
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ