緊急情報

2018年06月28日

霧島山(新燃岳)の火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)について

平成30年6月28日11時00分,鹿児島地方気象台は,霧島山(新燃岳)の火口周辺警報を発表し,噴火警戒レベル3(入山規制)からレベル2(火口周辺規制)へ引き下げました。

防災情報の警戒事項等(気象台発表)としては,弾道を描いて飛散する大きな噴石が火口からおおむね2kmまで、火砕流がおおむね1kmまで達する可能性があります。そのため、火口からおおむね2kmの範囲では警戒してください。
風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石(火山れき)が遠方まで風に流されて降るおそれがあるため注意してください。
地元自治体等が行う立入規制等にも留意してください。また、地元自治体等が発表する火山ガスの情報にも留意してください。

なお、最新の道路規制や登山道規制の状況については、鹿児島県や宮崎県など関係機関の発表をご確認下さい。

○気象庁HP(霧島山(新燃岳)噴火警報(火口周辺)、平成30年6月28日1100分発表)

http://www.jma.go.jp/jma/press/1806/28a/shinmoedake180628.html

○霧島山(新燃岳)の活動状況

http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/551.html

○霧島山の規制情報等(6月28日11時現在)

http://www.pref.kagoshima.jp/aj01/documents/64621_20180628091925-1.pdf

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
地球温暖化に関する九州カンファレンス(リンク)
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ