緊急情報

2018年03月15日

霧島山(新燃岳)の火口周辺警報の切替(噴火警戒レベル3、入山規制3kmに縮小)について

平成303151100分の鹿児島地方気象台発表によると、霧島山(新燃岳)については、爆発的噴火が断続的に発生していますが、3月11日以降、さらなる噴火活動の活発化は認められないことから、警戒が必要な範囲が火口周辺4kmから3kmに縮小されました。

最新の道路規制や登山道規制の状況については、鹿児島県や宮崎県など関係機関の発表をご確認下さい。

新燃岳では、活発な火山活動が継続していることから、今後の火山情報に注意してください。

えびの高原にある環境省えびのエコミュージアムセンターは一般開館いたしますが、火山活動や火山ガス(二酸化硫黄ガス)の検出など、現場の状況に応じて一般開館を休止することがあり、その場合は職員常駐による安全情報や登山道の規制状況等の情報提供を行います。また、今後の火山活動の状況によっては臨時休館することもあります。

えびのエコミュージアムセンターの開館状況については、直接お問い合わせください(0984-33-3002)。

また、えびの高原の利用にあたっては必ず、気象台や宮崎県等が発表している最新の情報をご確認下さい。

○気象庁HP(霧島山(新燃岳)噴火警報(火口周辺)、平成303151100分発表)

http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/551.html#warning

  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
地球温暖化に関する九州カンファレンス(リンク)
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ