緊急情報

2017年10月31日

霧島山(新燃岳及びえびの高原(硫黄山)周辺)の噴火警戒レベル及び警戒範囲について

平成291031日(火)14時に、気象台の発表により、霧島山(新燃岳)において、噴火警戒レベル3(入山規制)が継続されるものの、警戒が必要な範囲が3kmから2kmに縮小されました。

また、霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)については噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)からレベル1(活火山であることに留意)に引き下げられました。

   

これらに伴い、登山道については韓国岳登山道、池巡り自然探勝路、甑岳登山道、大浪池登山道及び中岳中腹探勝路が利用できるようになるとともに、小林市とえびの高原を結ぶ県道1号も通行可能となりました。ただし、硫黄山周辺の県道1号上では、火山ガスの発生により歩行者の通行及び車両の駐停車が禁止され、車両での通過のみ可能となっています。その他にも不動池周辺での駐停車禁止や一部区域への立入規制などが行われていますのでご注意ください。

  

(別紙)登山道規制図

   

詳細は下記の気象台・関係自治体のホームページをご確認ください。

    

なお、えびのエコミュージアムセンターは通常どおり開館しており、随時火山情報や安全情報の発信を行っています。登山等の際はぜひお立ち寄りいただき、最新の情報を確認したうえで安全にご利用いただきますようお願いいたします。

○新燃岳の警戒範囲縮小に伴う規制等の変更について(平成29年10月31日更新)

宮崎県HP:

http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kiki-kikikanri/kurashi/bosai/20171030211255.html

    

○霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)の噴火警戒レベル引下げに伴う規制等の変更について(最終更新日:平成291031日)

宮崎県HP

http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kiki-kikikanri/kurashi/bosai/20171030201320.html

○霧島山(新燃岳)の噴火警戒レベル3(入山規制)の警戒範囲を3→2kmに縮小しました

宮崎地方気象台HP

http://www.jma.go.jp/jp/volcano/forecast_05_20171031135921.html

○霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)に噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意):警報解除

宮崎地方気象台HP

http://www.jma.go.jp/jp/volcano/forecast_05_20171031140030.html

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
地球温暖化に関する九州カンファレンス(リンク)
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ