緊急情報

2017年10月17日

えびの高原・えびのエコミュージアムセンター等の施設の開館状況について

えびの高原周辺において、10月15日に新燃岳から流れてきたと考えられる火山ガス(二酸化硫黄ガス)が高濃度に検出され、えびの高原にある、えびのエコミュージアムセンター(環境省施設)やえびの高原キャンプ村(環境省及びえびの市の施設)等の施設は、臨時閉鎖しました。

10月16日は、火山ガスの濃度が0.0ー1.4ppm(16日の再測定結果)で下がっていたことから、えびのエコミュージアムセンターは一般開館は見合わせながら、職員常駐による問い合わせ対応等を行いました。10月17日は、施設を通常通り開館しています。

今後も、火山ガスの検出状況に応じて、臨時閉鎖することがあります。

また、えびの高原キャンプ村(環境省及びえびの市の施設)は、安全上の対応から現在閉鎖しています。

その他のえびの高原周辺施設(足湯の駅えびの高原、えびの高原荘等)は、10月17日現在は通常営業しています。

えびの高原周辺では、今後も風向きや地形等の影響により、火山ガスが検出される可能性がありますので、気象台や宮崎県の提供する火山ガスに関する情報に注意してください。

※強い刺激臭を感じた場合は、その場から避難してください
※ぜんそくや心臓病等の持病のある高感受性の方は、低濃度でも発作を起こす可能性がありますので特に注意してください。

※えびの高原にある施設は、火山ガスの検出状況により、臨時閉鎖することがあります。

霧島山の登山道規制について(宮崎県)

 http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kiki-kikikanri/kurashi/bosai/20171011144551.html

宮崎県:火山ガスへの警戒情報(えびの高原(硫黄山)周辺)

 http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kiki-kikikanri/kurashi/bosai/20171017095731.html

気象庁:霧島山(新燃岳)の活動状況

 http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/551.html

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
地球温暖化に関する九州カンファレンス(リンク)
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ