緊急情報

2016年08月01日

特定外来生物ツマアカスズメバチの巣の情報提供について(お願い)

(住民の皆様、事業者の皆様へのお願い)

特定外来生物ツマアカスズメバチは、長崎県対馬市において定着が確認されているほか、平成27年9月に福岡県北九州市内において1個の営巣が確認され、平成28年5月には宮崎県日南市において1個体の女王バチが捕獲されました。

ツマアカスズメバチは、毎年10月頃には1つの巣から100匹以上の女王バチが飛翔し、越冬した女王バチは翌春から繁殖を開始します。(働きバチは越冬せず年内に死滅します。)

これから10月にかけて、ツマアカスズメバチの働きバチの個体数は一層増加し、巣も大型化して比較的発見しやすくなります。

つきましては、住民の皆様、事業所の皆様におかれましては、敷地内の樹木等に次に掲げる特徴のある巣を見つけた際には、ご連絡をお願いします。

ツマアカスズメバチの巣の特徴

  •  ・木の5m以上の高いところにある。
  •  ・サッカーボールより大きな丸い形。
      表面は茶色の外皮に被われデコボコしている。
      (木の枝を巻き込んで変形している場合が多い。)
  •  ・全身が黒っぽく、大きさ2センチくらいのハチが、
      巣の表面にとまっていたり、巣の周りを飛んでいる。

  

   ツマアカチラシ27 [PDF 1.07MB]


  • ※ 巣には近づかず、刺激しないでください
  • ※ 可能であれば巣の写真を撮影してください


  

                  【連絡先】環境省九州地方環境事務所野生生物課

                        電話:096-322-2413

                       e-mail: REO-KYUSHU@env.go.jp

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ