九州・沖縄地方における環境影響評価(環境アセスメント)に関する取組

九州・沖縄地方における環境影響評価(環境アセスメント)に関する取組

背景・概要

 平成23年4月27日に、環境影響評価法の一部を改正する法律(平成23年法律第27号、以下「改正アセス法」という)が公布され、平成25年4月に全面施行となりました。改正アセス法では、計画段階配慮書の規定が追加されたほか、環境保全措置等の報告が義務づけられました。
 九州地方環境事務所では、計画段階配慮書が法に規定される前から、「戦略的環境アセスメント導入ガイドライン(SEAガイドライン)」に基づき、計画段階における環境影響審査を先行して実施してきました。また、環境影響評価終了案件についても環境影響保全措置等の実施状況等を調査しているところです。これまでの審査・調査結果等は以下の通りです

SEAガイドラインに基づく環境影響審査

「関門航路周辺海域における土砂処分場計画」に対する環境省意見の作成

 平成22年3月、国土交通省九州地方整備局において、関門航路等の浚渫土砂に関する新たな処分場計画の検討が開始されました。本計画の検討は、国土交通省が策定した「公共事業の構想段階における計画策定プロセスガイドライン」に基づき進められ、はじめに必要性の検討及び海域の選定、次に位置、形状の選定を行うという2段階で進められました。環境省においては、SEAガイドラインに基づき当該計画を各段階において環境保全の見地から審査し、意見を提出しました。

◇報道発表資料
【平成22年6月24日】第一段階(必要性の検討及び海域の選定)
環境省意見(第一段階)
【平成22年12月16日】第二段階(位置、形状の選定)
環境省意見(第二段階)

環境影響評価手続中案件に関する情報

環境影響評価手続中案件一覧 [PDF 90KB] (※)

 九州・沖縄地方の環境影響評価法(環境アセスメント)手続中案件をとりまとめたものです。

環境影響評価終了案件に関する各種情報整理

環境影響評価手続終了案件一覧 [PDF 912KB] (※)

 九州・沖縄地方の環境影響評価法(環境アセスメント)終了案件(33件)について、事業の進捗状況や特徴等についてとりまとめたものです。

動植物に対する環境保全措置に関する情報整理

 九州・沖縄地方においては固有の動植物が多く、環境保全措置の対象として挙げられることも多いことから、環境保全措置の対象とされる動植物について、その分布や保全措置内容等の情報を整理したものです。

環境保全措置に取り上げられた動植物一覧 [PDF 254KB] (※)
 環境アセスメント終了案件の評価書の中から、環境保全措置の実施対象となった動植物を抽出し、県別、種類別等に分類しています。
動植物に対する環境保全措置の内容一覧 [PDF 227KB] (※)
 環境アセスメント終了案件の評価書に記載された動植物に対する環境保全措置の内容を抽出し分類しています。

環境保全措置ベストプラクティス集の作成

 事業者の環境保全に対する理解向上や、環境保全技術向上を促すため、九州・沖縄地域においてこれまで環境アセスメントが実施された開発事業の中から、優れた環境保全の工夫や取組み事例を収集し、ベストプラクティス集としてとりまとめています。

地方公共団体における環境影響評価制度

環境影響評価法及び条例対象案件比較表 [PDF 722KB] (※)

 九州・沖縄地方の地方公共団体において制定されている環境アセスメント条例に関する情報を整理しています。

環境影響評価制度に関する企画・イベント

「環境影響評価に関するシンポジウム」
~スモールアセス、持続可能な都市開発のために~

 持続可能な都市開発の実現には中小規模の事業の環境配慮が重要であり、特に都市部においては環境配慮の累積的効果も期待されているところです。今回、「スモール・アセスメント」や「ミニ・アセスメント」と称される簡易な環境アセスメントを中心に、都市開発における環境配慮のあり方について共に考え、持続可能な開発を目指して、シンポジウムを開催しました。

開催日時 : 平成26年1月30日 13:30~17:00
会場 : レソラNTT夢天神ホール

地熱発電の可能性と環境影響評価に関するシンポジウム

 地熱発電は、運転時のCO2の排出がないだけでなく、昼夜を問わず安定した発電が可能です。地熱資源に恵まれた我が国(特に九州地方)には開発余地がある一方で、自然、景観、温泉資源、地盤等への影響も懸念されています。
 そのような状況を踏まえ、九州地方環境事務所では、地熱発電の可能性と環境影響を認識し、地域との共生を図りつつ地熱のエネルギーを有効に活用するにはどうすれば良いのか、環境影響評価を軸に理解を深めるため、シンポジウムを開催いたしました。

開催日時 : 平成24年8月30日 13:30~17:00
会場 : レソラNTT夢天神ホール

風力発電の最新技術動向と環境影響評価に関するシンポジウム

 環境省が九州地域で進める浮体式洋上風力発電の最新技術動向を公開するとともに、風力発電施設の環境影響の実態と環境と調和した風力発電の推進について、環境影響評価制度を軸に理解を深めることを目的にシンポジウムを開催いたしました。
開催日時 : 平成24年3月29日 13:30~17:00
会場 : レソラNTT夢天神ホール

環境影響評価制度を理解するための有用リンク集

環境影響評価の関係法令について

環境影響評価法に関し、法、政省令等が閲覧できます。

環境アセスメント制度について(パンフレット)

平成23年度の法改正の内容が反映された、概要パンフレットです。

環境影響評価の事例検索

法アセスメントや条例アセスメントの事例情報を検索・閲覧できます。

(※)平成25年3月現在の情報です

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 九州地区(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
九州地域エネルギー・温暖化対策推進会議(リンク)
阿蘇草原再生プロジェクト(リンク)
エコアクション21(リンク)
EPO九州(リンク)
九州自然歩道ポータル(リンク)
ページ先頭へ