ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地区のアクティブ・レンジャーが、日々の活動や地域の魅力を発信します。

RSS

2018年7月 6日

1件の記事があります。

2018年07月06日梅雨の時期はキノコの季節 【霧島地域】

霧島・錦江湾国立公園 えびの 廣澤 順也

霧島錦江湾国立公園「霧島」地域を担当するえびの管理官事務所廣澤です。

宮崎県と鹿児島県の県境に位置する「えびの高原」は日本でも有数の多雨地域です。

梅雨時期の平均降水量1,650㎜、日本一とも言われ、毎日のように滝のような雨が降ります。

なかなかトレッキングや登山ができませんが、楽しみは足下にあります。

カメラのマクロ機能を使うと、キノコと苔の楽しい世界を見ることができます。

掲載写真は山の中ではなく、管理官事務所のまわりのアカマツの木の下です。

いろいろな形のキノコがあちらこちらに...でも、取るのは写真だけにしてください。

毒がある物があり、俗説がたくさんあるので素人判断で食用することは危険です。

また、キノコと一緒に苔の世界も楽しめます。苔の濃い緑は癒やされる色です。

「えびのエコミュージアムセンター」には、植物に詳しい自然解説員や

キノコと昆虫採集が得意な職員がいますので、面白い話を聞かせてくれます。

お菓子のきのこの山にそっくり!

赤いきのこは毒々しい

きくらげのような白いキノコ

苔の楽しい世界も足下に

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ