ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年7月 7日

2件の記事があります。

2017年07月07日くじゅう地域ヒゴタイ保護活動

阿蘇くじゅう国立公園 くじゅう 大島 将貴

7月2日に、くじゅう地域のパークボランティアの方々と、ヒゴタイの周りの草刈りを行いました。

くじゅう地域では平成18年度から続けているヒゴタイ保護活動。

今回は、くじゅう地域のヒゴタイ保護活動について紹介したいと思います。

そもそもヒゴタイとはどんな植物なのでしょうか?

キク科ヒゴタイ属の多年生の植物。

花期は8月から9月。花茎が11.5m程度直立し、その先に直径5cm程の青い球形の瑠璃色の花が一株に複数咲く。花言葉は「実らぬ恋」。

葉はアザミに似ています。棘もあるので要注意です。

現在、ヒゴタイの数も減少し、環境省絶滅危惧種Ⅱ類に指定されています。

夏のくじゅう地域の高原を代表する花の一つで、毎年多くの方が、ヒゴタイの花を楽しみに訪れています。

さて、今回の活動目的ですが、事業者が道路整備を行う際に、誤って刈り取ってしまうのを防ぐことです。

そのためにヒゴタイの周りの草を刈り、ヒゴタイを目立たせます。

道路脇にあるヒゴタイを探しながら一本一本草を刈ります。

草刈り後のヒゴタイ

見落としてしまいそうな小さなヒゴタイも、これで切られることなく大きく育ってくれるはず。

道路整備の事業者に、ヒゴタイを認知いただくことも保護活動の一つです。

また盗掘による被害を防ぐため、注意喚起のチラシも配っています。