ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]

九州地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年4月

7件の記事があります。

2017年04月27日ケガをしたアマミノクロウサギを発見!

奄美 木元侑菜

うがみんしょ~らん。奄美野生生物保護センターの木元です。

奄美野生生物保護センターには毎年60件前後の

アマミノクロウサギの死亡個体が搬入されてきます。

またごくまれに、まだ生きている状態で保護されることがあります。

今回はなんと、奄美野生生物保護センターの職員が調査中に

ケガをしたアマミノクロウサギに出くわし、保護しました。

発見したのは3月27日(月)夜20時30分頃、

アマミヤマシギのセンサス調査(奄美AR日記3月24日「アマミヤマシギ調査!」参照)中のことでした。

ヤマシギを探すために前方をライトで照らしながら車をゆっくりと走らせていると

突然、林道の脇から車の真ん前に向かって、1匹のアマミノクロウサギが滑り出てきました。

車の窓から顔を出してのぞくと、地面をごろごろと転がり回っており、

さらに悪いことに、顔のあたりに血がついているのが見えました。

急いで車を降りて駆け寄ると、首の頬から首にかけての出血がひどく、

荒い息づかいで苦しそうにもだえています。

◆発見直後、苦しそうに地面を転がりまわっていた

◆左の頬から首にかけて特にひどく出血している

これはもう、だめかもしれないと思いながら見守っていると、

少しして様子が落ち着いてきたので、一か八か、動物病院へ連れて行くことにしました。

◆発見から少しした時の様子

急いで山から下ると、ゆいの島どうぶつ病院の伊藤圭子獣医師が発見地点と病院との

中間地点まで駆けつけてくださり、ケガをしたアマミノクロウサギをなんとか病院へ

搬送することができました。

ケガの様子から、おそらくネコに襲われたものだということがわかりました。